家庭教師の費用や食事の有無などを説明します

自宅でマンツーマンの指導が受けられる家庭教師は、わからないところも一つ一つ丁寧に教えてくれるので、プロの指導を個別に受けたいというお子さんはもちろん、学校の授業についていけていないお子さんにもおすすめです。家庭教師といえば、得意な教科も苦手な教科も子どものペースに合わせて指導を受けることができるのが最大の魅力となっていますが、塾とは違い、時間の融通もききやすいので、風邪などで体調を崩してしまった場合でも、別の日に振替えて授業を受けることが可能です。また、テスト前や受験前の対策にも家庭教師は最適で、塾よりも気軽に授業数を増やすことができるのも、家庭教師を依頼するメリットのひとつとなっています。その他にも、家庭教師の場合中学受験や高校受験を経験した大学生による指導が受けられる場合も多いですが、実際に受験経験のある人から最近の傾向などのアドバイスが受けられるのも家庭教師ならではです。

家庭教師を頼む際の費用や食事の有無

家庭教師を頼むとなると、やはり気になるのが授業料ですが、一般的に家庭教師の相場というのは大学生ほど安く、経験が豊富なプロほど高くなります。また、地方よりも首都圏の方が、授業料が高い傾向にあるほか、東大医学部など有名大学在籍中の学生さんによる指導の場合は1時間1万円以上となる特例もありますが、家庭教師の大手3社の授業1コマあたりの相場は平均で約7500円といわれています。また、家庭教師を頼むとなると毎回お茶やお菓子、食事などを出した方がいいのか悩むという人も多いですが、一般的に家庭教師の派遣会社ではお菓子や食事を出す必要はないといわれており、過度な気遣いは不要です。しかしながら、指導してくださる先生も勉強を教えるとなると多少なりとも喉は乾いてしまうため、夏場など暑い時期であればお茶くらいは出してあげた方が良いといえるでしょう。

失敗しない家庭教師の探し方とは?

一般的に家庭教師というのは、個人契約よりも家庭教師の派遣会社を通した方が授業料は高くなります。そのため、家庭教師の派遣会社よりも授業料が安い個人契約の家庭教師に依頼するという人も多いですが、個人契約の家庭教師の場合は、家庭教師の派遣会社を通した場合と比べてトラブルも多いため、家庭教師を選ぶ際には注意も必要です。特に、個人契約の家庭教師の場合は1年以上お子さんの学習指導をお願いしたにも関わらず、お子さんの成績が全く伸びないなどという事例も少なくなく、受験の2~3か月前になって指導してくださっている先生を変更する親御さんも多いです。しかし、いくらプロであっても短期間でお子さんの成績を上げるというのは非常に難しいため、家庭教師を依頼して半年ほど経ってもお子さんの成績が伸びていない場合は、早めに家庭教師を変更した方がいいといえます。